トレーニング方法~追従性眼球運動編~

2019/03/25

しばらくブログが滞ってしまいました。失礼しました。

 

さて、そんなこんなしている間に・・・

ご卒園、ご卒業されたお子様、またご家族様おめでとうございます。

桜も咲き、すっかり春ですね。

新し門出が楽しみですね。

今回は追従性眼球運動のトレーニング方法を少しご紹介します。

ビジョントレーニングには、

・目の動きを鍛える分野

・目で見た情報を適切に脳で処理させる分野

があります。これを総称して[ビジョントレーニング]

と言いますが、眼の機能を向上させる目的で行われるもので、

★眼球運動のコントロール

★両目の連携

★動体視力

★奥行きの認知

など、幅広くわかれています。

その中で、追従性眼球運動に効果があるものをいくつかあげてみます。

〇線のなぞり書き

下書きに沿って線をなぞってみる。眼から入った情報を理解し適切に手を動かす練習にもなる。迷路や図形を書くなども、良いトレーニングに。

〇キャッチボール

眼から入った情報を体に伝達し、ボールとの距離感や位置関係を把握して、視覚情報と体の動きとの練習に効果的。

〇お手玉タッチ

ひもを付けたお手玉をぶら下げて動かしタッチする。

色々な体の部分でもタッチしてみる。眼で追える練習。

このように、ビジョントレーニングは身近なもので簡単にできますので、お家でも試してみて下さいね。

ただ、継続することに意味があるのでお家ではなかなか継続も大変ですね。

ビジョントレーニングにご興味があったり、続けさせたい方など、joyfulBrainへお気軽にご連絡下さい。

簡単な説明になりましたが、追従性眼球運動のトレーニング

やってみてください♪