目のストレスを無くそう

2019/03/12

目の検査と言うと思い浮かぶのは、大半の人が視力の検査です。

視力の検査は、小学校などで定期的に行いますし、お家でも出来なくはないですね。

では、【視覚】の検査はどれぐらの人が受けたことがあるでしょうか。

実は私も受けたことはありません。

視覚検査ができるところはあまりなく、視力検査で視力に特に問題がなければ=見えてると思いますよね。

実は、目が見えてる(上手に使えてる)ということにはもう一つ、

視覚=ビジョンが関わっています。

視力は、生まれてからほとんど何もしなくても身についていくものですが視覚は、発育の中での環境や体験により徐々に備わっていく技術です。

昔の人の目がとても良く動き、視野が広いのは、野山を駆け回り大きなパノラマの世界で過ごしてきたからです。

現代の子供たちは、ゲームの世界の小さな小さな枠の中などで生きています。

目を動かすチャンスがあまりないんですよね。

体験を通じて、ものの大きさ、色、形、その共通点や相似点が理解できるようになり、それが文字や記号などの認識へつながります。

そういった視覚=ビジョンが基礎となり、さらに複雑なものを見る力や分析する力が備わっていきます。

読んだり書いたり計算したり、の、全てが文字、数字、記号などを見極めることから始まるように、学校で子供達が関わる作業の多くが目の動きに関係しているのです。

集中力がない、やる気がない、落ち着きがないなどと言われる子供達の中には、ビジョンがうまく働いていないために、自分の能力が発揮出来ていない場合があるかもしれません。

そんな目のストレスを少しでも無くしていけるよう、ビジョントレーニングをして頂き、子供達が将来、楽しく幸せに過ごしていけたら良いなと思っております。

 

joyfulBrainでは、随時体験を行っております。

春休み中もレッスンはありますので、この機会に、特に進学進級が控えてるご家庭の方は試してみて下さいね♪

お気軽にお問合せ下さい。